メルのお出かけ日記
くいしんぼう羊のお食事記録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
《夜ご飯》 札幌ジンギスカン 祥之家 @ 西中島南方              2017年9月16日
北海道でジンギスカンを食べ損ねたので、お友達のメメちゃんと西中島へ。
201708290.jpg
西中島は肉中島と呼ばれるくらいお肉料理のお店がいっぱいのエリアです。

『がっつりコース』という食べ放題+飲み放題を付けて、いざ!
201708291.jpg
ジンギスカン用の鉄鍋ではなく、ツルッツルに輝く陶板で焼くスタイルです。

201708292.jpg
生ラム肉・薩摩地鶏のセットからスタート。

201708293.jpg
タレは好みでニンニク・コチジャンなどを自分でブレンドして使います。ニンニク使わなかったら、最初は物足りない気がしますが、いっぱい食べるには適しているかもしれません。

201708294.jpg
ラムを2回、鶏を1回ほど追加。

201708295.jpg
いつでもどこでも カシスオレンジ。

201708296.jpg
メメちゃんはキムチを食べないので独り占め。昆布エキスの味がしましたよ。

201708297.jpg
キムチを食べないメメちゃんは、丹精込めた焼きおにぎりを作成。ツルッツルの陶板が黒焦げになっちゃってます。お手入れ大変だろうな~。またまた苦しくなるほど食べてしまいました。
【お値段】3240円
【関連HP】https://tabelog.com/osaka/A2701/A270301/27096025/

 ← 1日1ポチ、ありがとうございます☆

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

《夜ご飯》 はらみ北新地 @ 新地                         2017年8月27日
7月20日にopenしたトリュフで食べる焼肉「はらみ」さんへ行ってきました。シェフは大阪の超有名イタリアン「ポンテベッキオ」ご出身ですからトリュフが出てきても納得です。
201708020.jpg
お店の外観です。3階建てのピルと同じ高さの木のドア。80kgのドアも指一本で開けることができますよ。(実証済み)

“カシスオレンジ”【お値段】648円
201708021.jpg
ライオールのカトラリーとお箸でいただきます。

“ハラミとキャビアのスプーン”【お値段】864円
201708023.jpg
生のハラミとキャビアを一口で。後から気付いたんですが、一般的にお肉と一緒に食べる薬味はガーリックですが、こちらではガーリック代わりにトリュフをふんだんに使っておられます。従って、あと味がすっきり。焼肉後の口臭がかなり軽減されていると思います。このお肉スプーンもイタリアンのような第一印象でした。

201708024.jpg
お隣のお席からドンペリのプレゼント。私たちが魅力的だから、といいたいところですが、ご一緒いただいたお友達の知り合いが たまたまお隣の席でして。。。ラッキーでした☆

“ナムルの盛り合わせ”【お値段】626円
201708022.jpg
盛付けの状態でおいしさ具合がわかりますね。

“ハラミユッケトリュフ添え”【お値段】1944円
201708027.jpg201708028.jpg
トリュフでビッチリ覆われているのでお肉が確認できませんね。黄身と絡めていただきます。

“特上タン 10mm厚切り”【お値段】2376円
201708026.jpg
厚みのあるタンは味が強くなるというか。でも、焼き加減が難しいかな。3回目でカンペキな焼き具合に。

“お通し卵”【お値段】540円
201708029.jpg
大分の龍のたまご&トリュフ。焼肉にタレ→お通し卵を絡めて食べるという新しいスタイル。

“黒毛和牛幻のハラミ200g”【お値段】6912円
201708030.jpg
すごいの出てきました。

201708031.jpg
網全体を覆い尽くすお肉。お店の人が焼いてくれます。ご安心を。

201708032.jpg
ファイアーの予定が、スモークになっちゃいましたね。

201708033.jpg
出来上がり♡ またまたトリュフがまぶされて再び登場です。

201708035.jpg
卵の追加OKみたいですよ。

“白ごはん”【お値段】270円
201708034.jpg
豪華な卵かけご飯の完成です。焼肉の新しい食べ方、いち早く体験しました。とってもおいしいので、皆様も一度どうぞ。
【お値段】二人で15314円
【 H P 】http://harami.jp/

 ← 1日1ポチ、ありがとうございます☆

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

《夜ご飯》 ふくふく @ 西天満                             2017年8月6日
アメリカ領事館裏手の「ふくふく」さんへ行ってきました。
201707190.jpg
一年中ふぐを出してくれるお店ですが、今回は鱧をいただきに。

“冷ひれ酒”
201707191.jpg
名刺を渡すとサービスしてもらえます。

“前菜二種盛り”
201707192.jpg
鮎の南蛮漬け・鱧のキモ。冷酒のお供にピッタリ。

“ハモ落とし”
201707193.jpg
ハモの湯引きですね。付合せは瓜。山葵+梅肉をオススメされました。

201707194.jpg
お鍋の第一陣が到着。ハモのお頭は、お出汁になるようで最初からお鍋に投入。

“ハモのてんぷら”
201707197.jpg
フリットのような衣がカリっとした天ぷら。卵の黄身を巻き込んだハモです。衣に使った卵白の残りかもしれませんね。エビ餅・ししとう・ハモの骨。

“ハモのすき鍋”
201707196.jpg
お鍋も煮立ってきました。お出汁がおいしいです。牛蒡や玉ねぎもたっぷり。

201707195.jpg
お鍋用のハモ。5切れずつしかないので、大事にいただかなくては。

“ハモの寿司”
201707198.jpg
炙りですね。

201707199.jpg
〆のおうどん。

201707200.jpg
甘目のソフトクリーム。お鍋の後に、ちょっと嬉しいです。
【お値段】6400円
【 H P 】http://fukufuku2929.com/

 ← 1日1ポチ、ありがとうございます☆

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

《夜ご飯》 鮓と鉄板 さくやま @ 福島                        2017年7月9日
お寿司屋さんなのに永遠とアテが出てくる「さくやま」さんへ行ってきました。
201706300.jpg
オススメの「さくやま懐石」を。

201706301.jpg
2階の猫カフェから黒猫ちゃんが覗かれてしまいました。アラカルト料理は2階の猫カフェでもオーダーOK。

“ひと夏の恋”
201706302.jpg
宮城県のお酒をお供に。

201706303.jpg
モロヘイヤからスタート。ここから怒涛の30皿続けてどうぞ。

201706304.jpg
ジュンサイ、貝柱、とびこ。

201706305.jpg
オクラとホワイトアスパラの煮浸し、梅肉風味。

201706306.jpg
ぬた。三重県の海苔を佃煮に。

201706307.jpg
滋賀の長ナスと釧路のウニ。

201706308.jpg
子持ち昆布と釧路の筋子。黄身醤油で。

201706309.jpg
活けサザエ。わさびと蕗山葵。

201706310.jpg
淡路島の炙り鱧。

201706311.jpg
長崎のアラ。

201706312.jpg
幻の白イカ。

201706313.jpg
尾崎牛の炙り。

201706314.jpg
冬瓜と愛知のとうもろこし。

201706315.jpg
長崎の黒ムツ。一人紙鍋のしゃぶしゃぶで。

201706316.jpg
握りを入れてもらいました。長崎の テングダイ。

201706317.jpg
島根の本鮪。お寿司、すごくおいしいですよ。

201706318.jpg
ここで、和牛ストロガノフ。

201706319.jpg
フランス産本鴨のグリル。

201706320.jpg
フキノトウのもろきゅう。

201706321.jpg
白エビの中華炒め。

201706322.jpg
梅酒をいただきます。

201706323.jpg
丹波地鶏と大根。

201706324.jpg
岐阜のエノキ。

201706325.jpg
北海道のナマコの干したの。

201706326.jpg
コハダ。リクエストしました。

201706327.jpg
白アマダイのさつま揚げ。

201706328.jpg
スマと辛味大根。

201706329.jpg
コショウダイとハモのお吸い物。

201706330.jpg
バクダン。高菜の中にはトロ・イクラ・沢庵のお握り。

201706331.jpg
長崎のキンキ。

201706332.jpg
三重の煮はまぐり。

201706333.jpg
福島のらっきょ。

201706334.jpg
鮑。

201706335.jpg
穴子で終了。メニューに2時間半のコースと書いてあったのですが、こちらが降参するまでお料理が続くようです。因みに18時半スタートで穴子が出てきたのが22時。3時間半食べ続けてしまいました。恐ろしいーー。大将もご機嫌で、時間も満腹具合も忘れて竜宮城の気分。体重が増えちゃうといのが惜しいところです。
【お値段】お酒2杯込みで一人9150円
【関連HP】https://tabelog.com/osaka/A2701/A270108/27095269/

 ← 1日1ポチ、ありがとうございます☆

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

《夜ご飯》 串揚げTAKENAKA(4回目) @ 堂島                   2017年6月18日
兄弟串揚げの「タケナカ」さんの夜部門へ、ほぼ一年ぶり。
201706030.jpg
扉を開けるとお姉さんがカウンターに。最近、夫婦串揚げ屋さんに転向されたそうです。

“美丈夫ゆず酒”
201706031.jpg
ソムリエバッチを付けたお嫁さんに選んでもらったスッキリおいしいお酒。

“人参のムースとウニ”
201706032.jpg
コースは2種類。お手軽のほうをお願いしました。串揚げ屋さんらしからぬ オシャレなアミューズからスタート。

“バーニャカウダ”
201706033.jpg
串揚げの合間に食べるお野菜。ふつうはスティック野菜ですよね。こうゆうところが、このお店が好きな理由です。

“エビ と じゃがバタ・トリュフ塩”
201706034.jpg201706035.jpg
串揚げ11本でてきます。薄付きの衣が好きなんです。

“アマダイ と アスパラガス”
201706036.jpg201706037.jpg
アマダイのウロコはカリカリ。

“チキン南蛮 と 鰆”
201706038.jpg201706039.jpg
チキン南蛮は前も食べたかも。

“鯛のすり身と椎茸 と 海老パン”
201706040.jpg201706041.jpg
お料理串揚げですね。

201706042.jpg
からすみ蕎麦・鰻ときゅうりののり巻き。のり巻きは自分で巻く手巻きうなきゅう。素晴らしい。

“ホタテ と 焼なす”
201706043.jpg201706044.jpg
何でも串揚げにできそう。

“豚キムチ”
201706045.jpg
これも忘れられないタケナカさんの味。おいしいですよ。

201706046.jpg
デザートはスイカのスープ、レモンシャーベット添え。デザートも凝ってるんですよね。また行きたいお店と記憶しました。
【お値段】4100円、ゆず酒730円くらい。
【関連HP】http://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27088890/

 ← 1日1ポチ、ありがとうございます☆

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.