メルのお出かけ日記
くいしんぼう羊のお食事記録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
maccarina(マッカリーナ)(2回目) @ 真狩村          2017年8月20日
4年ぶりの「マッカリーナ」さん。まさか2回も来ることができるなんて!!
201708150.jpg
マッカリーナといえば、真狩村(まっかりむら)。真狩村といえば、細川たかし像にご挨拶をしなければ。羊蹄山は雲隠れしていますが、、。

201708151.jpg
細川たかしさんは絶好調。ご機嫌に歌ってくれました。

201708152.jpg
「マッカリーナ」到着。

201708153.jpg
人気衰えずという雰囲気です。

201708154.jpg
最初からパンが出てくると危険。食べ過ぎないようにしなくちゃ。

201708155.jpg
何種類ものお野菜が生け花のように、お互い支えあいながら均衡を保っています。上から順番に食べるとお野菜コースの流れに。

201708156_201708141840063de.jpg
前菜の空いたお皿に、茹でたて朝採りブロッコリーを盛り付けてくれます。前回もこの演出でした。エシャロットとベーコンのドレッシングもおいしいです。

201708157.jpg
ビシソワーズ。北海道のじゃがいもを北海道で食べると、なんとなく嬉しい。

201708158.jpg
メインはお魚を選びました。鱈と甲殻類のソース。鱈のコロッケ添え。お鍋とは違う表情の鱈ソテー。

201708159.jpg
お友達のメメちゃんが選んだメイン。ひまわり豚のグリル。

201708160_20170814185515db3.jpg
デザート。マスカットと白ワインのゼリー。

201708161_201708141855173db.jpg
ほおずきの小菓子がカワイイ。

201708162_20170814185518305.jpg
食後のお飲物は、ハーブティを選びました。ウィンザーホテルの後だったせいか、とってもオトクに思えてしまいます。また来たいですね。これで、お盆期間からの北海道編は終了です。
【お値段】3630円
【 H P 】http://www.maccarina.co.jp/

 ← 1日1ポチ、ありがとうございます☆

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

小樽なると屋 @ 苫小牧                                2017年8月19日
北海道編第六弾です。
201708054.jpg
「なると屋」さんは、阪急の催事で購入したことあります。イオン苫小牧に新しくオープンしているので、出来立てが食べられるチャンス!!

“若鶏半身揚げ”【お値段】980円
201708055.jpg
どこから手を付けたらよいのやら。とにかくおいしそう~。コーラをお供に従えて、いざ。

201708056.jpg
この角度はおヒップ辺り?

201708057.jpg
全貌はこんな感じ。胸肉・もも肉、混在していてシンプルな味付けだけど、おいしく完食。

“鶏ぎょうざ”【お値段】370円
201708058.jpg
こちらは、別の日に伺ったときのオーダーです。

“ざんぎカレー”【お値段】640円
201708059.jpg
おいしい鶏の唐揚げがたっぷり。おいしいんだけど、客捌きが悪すぎ。怒って帰る人も目撃。残念だわ。
【関連HP】http://www.naruto-ya.com/

 ← 1日1ポチ、ありがとうございます☆

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

みなと寿し @ 苫小牧                               2017年8月15日
北海道編第五弾は苫小牧の海の駅「ぷらっとみなと市場」内にあるお寿司「みなと寿し」さんへ。
201708050.jpg

“ホッキ寿し”
201708051.jpg
苫小牧といえば、ホッキ貝ですよね。本場のホッキ貝を極めましょう~。

“ホッキ押し寿し”
201708052.jpg
押し寿しは、湯引きしたホッキを使っています。

201708053.jpg
お友達のメメちゃんとシェアして、ホッキ尽くしを作成。肉厚なホッキを堪能しました。
【お値段】寿司1500円、押し寿司1800円
【 H P 】http://uminoeki.info/


*          *          *          *          *          *          *          *        *

オマケ集
201708160.jpg
北海道で忘れてはいけない“羊羹パン”
セイコーマートで売ってたカスタードクリーム入りのと、お馴染み日糧パン謹製・ちぎって食べるタイプ。今回はバリエーションが楽しめました。

201708161.jpg
船中のおやつ「六花亭」さんの“水ごよみ” 水羊羹ですね。あれ?羊羹ばっかり。船中といえば、、

往路のビンゴゲームでゲットした非売品・船のクリアホルダー
201708163.jpg

復路でお友達のメメちゃんがゲットした船型パター飴
201708162.jpg
くじ運の良い ひつじ一家です。
 ← 1日1ポチ、ありがとうございます☆




テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

《夜ご飯》 ラ・ヴート @ ウィンザーホテル                    2017年8月14日
みなさん、こんばんは。北海道編第四弾となります。
201708130.jpg

ランチの「ミシェル・ブラス」さんでお腹いっぱいのまま夜ご飯「ラ・ヴート」さんへ。
201708131.jpg
予約した2か月前には、こんな状況になるとは予測できず。。。(ウィンザーホテルでの食事は全て、2か月前に予約していました)

201708132.jpg
去年OPENしたレストランです。お蕎麦屋さんがなくなったのかな。

201708134.jpg
まだ明るいですが、日が落ちると真っ暗になりそう。

201708133.jpg
お席は広めに間仕切りされています。窓側は洞爺湖、反対側はガラスで仕切られた厨房が見えますよ。

201708139.jpg
こんなお部屋もありました。

“北海道北王よいち・ぶどうジュース”【お値段】832円
201708135.jpg
ぶどうジュースお気に入りです。コースは食べきれそうもないので、アラカルで。

“蒸籠蒸し飲茶 3種盛り合わせ”【お値段】1069円
201708136.jpg
3色とも中身はエビ焼売です。

“広東風 五目入り炒飯”【お値段】2138円
201708137.jpg
お上品系ホテル炒飯です。

“海鮮入り餡かけ焼そば”【お値段】2138円
201708138.jpg
こちらは、強い味付け。おいしい中華なので、コースで食べてみたいです。
【お値段】二人で7000円くらい
【 H P 】https://www.windsor-hotels.co.jp/ja/restaurant/lavoute/

食後に「洞爺湖ロングラン花火大会」に行ってきました。
201708140.jpg
半年くらい毎晩花火観賞ができる洞爺湖。今回は花火観賞船で花火に迫ってみました。

201708141.jpg
船内。3階建てですが1階がいちばん寛げて、穴場です。花火を3枚ほどどうぞ。

201708143.jpg

201708144_201708140925378ae.jpg

201708142.jpg

 ← 1日1ポチ、ありがとうございます☆

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ミシェル・ブラストーヤジャポン @ ウィンザーホテル               2017年8月13日
北海道編第三弾はフレンチの「ミシェル・ブラス」さん
201708100.jpg
ずっと行ってみたかったんですが、お値段的にハードル高く、3度目の滞在でようやく実現しました。

201708101.jpg
名前でお出迎えしてくれます。特別扱い感が、くすぐったいです。

201708102.jpg
洞爺湖を見下ろすテーブルセッティング。

201708103.jpg
通勤の満員電車と比べ物にならない 広々ゆとりの空間。

“ぶどうジュース”
201708104.jpg
ステンドグラスのように黄色く透き通った板2枚は、サフランやパプリカで色づけたおつまみ。

201708107.jpg
窓際の麻袋に入っているのはパン。開けてもらうと、名前が焼き付けられている大きいパン。名入りパンとは、意表を突かれました。

201708105.jpg
お店のマーク入りバターとライオールのバターナイフ。

“コックームイエット”
201708106.jpg
ミシェル・ブラス幼少期の想いが込められた玉子料理からスタート。お店、お料理の説明リーフレットがあるので、お店の世界観に入りやすいですね。

“青トマトのガスパチョ”
201708108.jpg
抹茶色なのにトマトなんですって。

“セップ茸のパイ”
201708109.jpg
セップ茸の香りが濃いです。

201708110.jpg
前菜はいつ出てくるのか。アミューズが続きます。ヤギのチーズ棒、パテ、何かの実だったと思う。石の上に3個。

201708111.jpg
有名なライオールのカトラリー。ミシェルブラスの育ったライオール村では、一生に一本のナイフを大事に使う習わしがあるんですって。もしよかったら、その精神を感じてもらえませんか?と提案がありまして、コース中ナイフの交換なしで楽しみましたよ。ナイフに付いたソースは、パンでふき取って使うんですって。

“北海道で尊重される:サーモンのマリネ、シブレットオイルでポシェした七社さんのアスパラガス;クリスピーな甘い玉ねぎ”
201708112.jpg
やっと前菜登場。油断していたせいで、すでにお腹八分目。サーモンマリネは度々出会う機会のあるお料理ですが、最高峰といっていいでしょう。サーモン、ムチムチしてます。

“柔らかさ:江別産豚フィレ肉のロースト;ズッキーニ&花のスフレ、ジュニエーブルで香りをつけたジュ”
201708113.jpg
脂身無いし、お上品な味のお肉なので豚肉とわからないかも。緑と黄色のズッキーニが爽やかさをプラス。

“アリゴ”
201708114.jpg
チーズ入りマッシュポテト。ビヨーンと伸びますよ。これはお腹にきます。

チーズのワゴン
201708115.jpg
フレッシュ、ウォッシュ、ハード、白カビ、青カビ系チーズ。

“フランス&北海道産のチーズ”
201708116.jpg
青カビ系以外を1つずつ選びました。手前のハード系はライオール村のチーズです。

201708117.jpg
お友達のメメちゃんはチーズNGなので、代わりにサラダがきました。

“この近くで摘み取られた、シモツケソウのアイスクリーム;スムールのガトー&この時季のフルーツ”
201708118.jpg
テーブルで赤いソースをかけてくれました。

201708119.jpg
さくらんぼの種は取ってあります。ご丁寧だこと。

そんなに食べられませーん、と怖気づくアイスクリームコーンの大群。
201708120.jpg
あの、二人なんですけど。。。

201708121.jpg
5種類のムースとアイスを好きなだけ選べるようです。オレンジのムースを1個だけお願いしました。

201708122.jpg
食後のコーヒーなどは別料金とのことでしたので、こちらの爽やかなジュースとチョコで終了。

201708123.jpg
クロッカンをお土産に持たせてくれました。お腹いっぱいで苦しいけど、お部屋がホテル内で幸せです。お料理も演出も良いレストランでした。
【お値段】14256円+ジュース1188円
【 H P 】https://www.windsor-hotels.co.jp/ja/restaurant/michel-bras/

 ← 1日1ポチ、ありがとうございます☆

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.