FC2ブログ
メルのお出かけ日記
くいしんぼう羊のお食事記録
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
阿波郷土料理 彩 @ 徳島県                              2019年6月9日
陶板名画美術館「大塚国際美術館」へ行ってきました。
201910470.jpg

日帰りバス旅行に参加。
201910471.jpg
大塚美術館近くの「アオアヲナルトリゾート」(旧ルネッサンスリゾート)のビュッフェレストラン「」さんのランチ付き。

201910472.jpg
鯛が大盤振る舞いでしたね。肉厚お刺身や、鯛めし、まぐろの解体ショーも。見ませんでしたが。。。

201910473.jpg
鯛しゃぶうどんを作ってみました。

201910474.jpg
鳴門金時も強化されてまして、鳴門金時ソフトクリームに大学芋と芋けんぴをトッピングしました。

そして、本命の「大塚国際美術館」へ。
201910475.jpg201910476.jpg
『システィーナ・ホール』
展示名画1000点。見どころ満載なので、出し惜しみなんてしてませんね。お目当ての「システィーナ・ホール」が最初の作品です。去年の紅白で、米津玄師さんの中継で使われたホール。隅っこにパネルあります。

『エル・グレコの祭壇衝立復元』
201910477.jpg
写真OK,お触りOKの美術館なんですが、こちらの展示は24金製なので柵が設置されてます。

『スクロヴェーニ礼拝堂』
201910478.jpg
ここで結婚式できるんですって。

『最期の晩餐』
201910479.jpg
修復前と修復後が向い合せで展示。

201910480.jpg
こちらは修復後。

『モナ・リザ』
201910481.jpg
絵具のひび割れも再現してます。

『ヒマワリ』
201910482.jpg
消失しているけれど、写真をもとに復元したものだそう。

『皇帝ナポレオン1世と皇后ジョzフィーヌの載冠』
201910483.jpg
原寸大10mの作品のとおり。舞台は、今年火災に見舞われたノートルダム寺院。

3時間の滞在時間ではとてもじゃないけど、観て回れません。
201910484.jpg
疲れ切って、モネの「大睡蓮」横のカフェで休憩。熱烈学芸員さんの解説も興味深く、機会があればまた訪れたいです。

201910485.jpg
バス旅行なので、サービスエリアに立ち寄ってくれました。淡路島おみやもゲット。
 ← 1日1ポチ、ありがとうございます☆

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

うな泰 @ 高知県                                  2016年5月22日
高知のグルメは鰹の他にもいろいろ。
201605030.jpg
鰻のお店もたくさんあります。

201605031.jpg
高知のうなぎをいただきましょう~。

“うなぎ定食(梅)”
201605032.jpg
イエ~イ\(^o^)/

201605038.jpg
こんなに大きな鰻、なかなかお目にかかれませんーー。タレは、濃い目でおいしいです。

201605033.jpg
酢の物に入っている鰻は、カリっとしていて、また別の味に。予約がオススメのお店です。
【お値段】2680円
【 H P 】http://unayasu.com/


続きまして、食後のデザート「ストライプス」さんへ。
201605034.jpg

大きなケーキがショーケースにいっぱい入っていますが、どんどん売れていきます。
201605037.jpg

イートインで、オレンジのケーキを。
201605035.jpg

お飲物は“小夏スムージースカッシュ”
201605036.jpg
スッキリとした後味で、鰻もどこへやら~です。
 ← 1日1ポチ、ありがとうございます☆
オーベルジュ土佐山 @ 高知県 ~その2~                    2016年5月4日
昨夜からお届けしております「オーベルジュ土佐山」シリーズ。今夜は、夜ご飯にお付き合いくださいませ。

“「土佐市池一菜果円」桃太郎フルーツトマトのおいしいジュース 佐賀町のいごてつソルティ”“もち鰹”
201604234.jpg
高知のトマトは格別においしいですね。トマトジュースの中には小さめのトマトが隠れいます。 「カツオ人間」が出現するほどのカツオの町です。立派なカツオのタタキでした。

高知酒造“さっぱり文旦のお酒”【お値段】750円
201604242.jpg
飲みやすくておいしいお酒です。ソーダ割りにしてもらいました。

“山の恵み野菜サラダ”
201604241.jpg
栄養たっぷりと蓄えていそうな骨太お野菜。

“前菜”
201604243.jpg
いたどり炒め煮・豆腐田楽・のらぼう菜お白和え 生ハム添え・チャンバラ貝磯煮・もんちゃんちのブルーベリー羊羹

“土佐山じゃがいも饅頭 銀餡かけ 有機生姜の香り”
201604244.jpg
生姜がピリっと効いておいしいですよ。

“田舎寿司”
201604245.jpg
メニューに載っていないサービスのお品。地元のお料理ですね。お野菜やこんにゃくがネタのお寿司、一度食べてみたかったんです。マリネしたネタに甘めのシャリ。口の中がリセットされました。

“里山野菜の天ぷら盛り合せ”
201604246.jpg
山菜揚げの匠のなせる技!!天ぷらの揚がり具合が素晴らしい!!

“土佐山の恵み すがすがハーブス”
201604247.jpg
ハーブティでお口直し。

“窪川米豚ロースソテー 森の木の子卸しソース 棚田をイメージしたアシンメトリーベジタブル”
201604248.jpg
脂身がないのにコクがあっておいしい豚肉でした。

“ほかほか御飯にキミガイイ 土佐ジロー 卵掛けご飯 ”
201604249.jpg201604250.jpg
香川の出汁醤油で卵掛けご飯の完成。土佐ジロー卵は、一般的な卵より二回りほど小さい卵ですよ。ご飯は高知の香り飯。お友達のメメちゃんが意外に許容範囲内でした。

201604251.jpg
生卵を食さないメメちゃん向けに、焼き物セットが用意してもらえました。なんてサービス満点なんでしょう!!

“お茶所、池川町の煎茶アイス”
201604252.jpg
さすがオーベルジュ。おいしいお料理でした。

201604253.jpg
食後は、お部屋でコーヒータイム。
明日は、朝ご飯をお届けします☆
 ← 1日1ポチ、ありがとうございます☆
オーベルジュ土佐山 @ 高知県 ~その1~                    2016年5月3日
高知市内から車で30分、山の一軒宿「オーベルジュ土佐山」さんへ行ってきました。
201604220.jpg
駐車場には地元の直販所が併設されていて、お土産屋さん代わりにお買いものできます。

201604221.jpg
水のせせらぎをお供にエントランスへ。

201604222.jpg
暖炉かしら?チェックインを済ませてお部屋へ。

201604223.jpg
離れのお部屋(ヴィラ)は、吊り橋を渡って。揺れるし、悪天候だったら困るだろうな~。

201604224.jpg
ヴィラは4棟。野花がちょうど花をつけた季節。

201604225.jpg
「か」のお部屋。

201604226.jpg
あら、広~い。しかもお掃除が行き届いていてキレイ。

201604227.jpg
山の中は虫が多いし、泥も飛びやすいので気を抜くとすぐ汚れてしまうけど、完璧な状態が保たれています。そういえば、浴衣も糊がビシっと効いていて快適でした。

201604228.jpg
長旅ご苦労さま。ひつじを救出中。

201604229.jpg
16人全員スーツケースに納まらなかったので、長老二人にお留守番してもらい、14人でのお出かけです。

201604230.jpg
テレビがないところが残念。CDと本の貸し出しがあります。

201604231.jpg
夜、懐中電灯を持って温泉に行くのが面倒だったので、この内風呂で。温泉は夕方までに入ったのでOK。

201604232.jpg
トイレは非日常の透けるタイプ。

201604333.jpg
トラちゃんとブルちゃんがベランダで日向ぼっこ。川が流れてるんですよ。
明日・明後日は「オーベルジュ土佐山」のお食事をお届けします。
【 H P 】http://www.orienthotel.jp/tosayama/

 ← 1日1ポチ、ありがとうございます☆
日本食研 工場見学の旅                   2012年8月26日
3夜連続でお届けしております「夏休み工場見学の旅」。いよいよ日本食研さんの工場へ。
201208160.jpg
工場見学入場料1000円は、昨晩upしました系列「ケーオーホテル」に泊まれば免除。受付時に、工場内食堂でいただけるランチ料金だけを前払いして、グループに分けられてツアーの開始。(工場見学&ランチは要予約です。)

201208161.jpg
大沢一彦会長&イメージキャラクター・バンコのツーショット銅像がお出迎え。

201208162.jpg
本社棟10Fから、しまなみ海道を。館内は基本的に撮影不可。撮影OKが出た場所での貴重な写真ですよ。

201208163.jpg
バンコも撮影OK。日本食研に関する展示品のエリア。社内結婚推奨の会社で、衝撃の「縁結箱」の展示もありますよ。なにやら、この社内恋愛目安箱に意中の人名を投函しておくと、社長がこっそり仲を取り持ってくれるとか。こっそり=社長命令??

ランチタイム
201208164.jpg201208165.jpg
工場内の社員食堂で、予約していたランチがいただけますよ。相席にならないように用意されたテーブルには、名札&すでに予約したランチがスタンパイ。ランチの具体的なメニューは予約時には不明。こちらは“料理長のおすすめ”840円也。ふだん新地ランチで贅沢をしているので、この内容だったら500円と厳しく判定。タレの会社だから、味が濃いめです。

1時間のランチタイム後、工場見学の後半がスタート。
201208166.jpg
食に関する展示物が多数。

201208167.jpg
お約束のバンコ。ここではホルンを吹いてます。

201208168.jpg
マリー・アントワネットのダイニングが再現されてます。会議室として使用することもあるとか。

201208169.jpg
さあ!オーストリア「ベルベデーレ宮殿」を模した宮殿工場へ潜入しましょう!!

201208170.jpg
お庭の向こうには宮殿が。オーストリアではなく、愛媛県というのをお忘れなく!!

201208171.jpg
3階建てのお城に見えますが、内部は5階建ての真面目な食品工場です。

201208172.jpg
お庭では石像、建物内にはぬいぐるみと、あらゆる姿に変身して至る所にバンコが設置されてます。

201208173.jpg
参加賞のお土産。

201208174.jpg
限定っぽいパッケージの焼肉のタレを買ってしまいました。

201208175.jpg
お友達のメメちゃんは、とうとうバンコを買ってしまいました。個性的な社風の会社に圧倒されっ放しでしたが、期待を裏切らない、思い出に残る旅となりました。
【HP】http://www.nihonshokken.co.jp/


帰りの三木SAにて。
201208176.jpg
“三田ポークとやまのいもの花咲天丼”
淡路産玉葱をお花のようにトッピング。

201208177.jpg
白桃は吉備SAで。

201208178.jpg
ひつじたちの夏休みでした。
 ← 1日1ポチ、ありがとうございます☆
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.