FC2ブログ
メルのお出かけ日記
くいしんぼう羊のお食事記録
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
《夜ご飯》 市松 @ 堂島                  2010年10月17日
創作焼鳥の「市松」さんへ行ってきました。いや、創作を超えたフュージョン焼鳥といった感じでしょうか。多皿料理になりますよ~。

“鶏胆のブリュレ”
1010010.jpg
キャラメリゼのところか、玉葱の煮詰めたのでも入っているのか、甘くておいしい鶏胆をバケットに塗って。フレンチのアミューズみたいなコースの始まり方ですね。山梨のぶどうジュースをお供にしました。

1010011.jpg
鶏胆の低温煮・毛馬(けま)きゅうりの粕漬け マスカルポーネ和え・比内地鶏の刺身 鶏のからすみ添え・茹で落花生・鴨のたたき あけがらし添え。それぞれ独創的でおいしく楽しめる前菜でした。

1010012.jpg1010013.jpg
肉汁いっぱい、つくねの玉葱ソース。味噌の香ばしいささみの大葉巻き。

“カスサンド”
1010014.jpg
親指大のミクロサイズのサンドイッチ。具は鶏皮なので、小さくても存在感大。

“燻製卵のポルチーニソース”
1010015.jpg
卵の味が濃くっておいしい。

これ、な~んだ?
1010016.jpg
グラスの中が曇ってますよ。

1010017.jpg
吉田牧場のチーズ 瞬間燻製でした!
ワイングラスを取ると、燻した香りが塊で押し寄せてきますよ。

“鶏のテールスープ”
1010018.jpg1010019.jpg
鶏のテールって?稀少ってことかな。滋味深く身体に染み渡るお味です。

1010020.jpg
焼き物は、レンコン・マッシュルーム・いちぢくから1つ選びます。ご一緒いただいた方と半分こづつ作戦。巨大マッシュルームが汗をかいたように、表面にうっすら水分が光ってたのですが、それが旨味のところ。焼き加減がすばらしいです。

“玉ヒモ”
1010021.jpg
こんなツブツブのお初です。口の中でプチプチと炸裂!

“キンカン”
1010022.jpg
一口で食べるように御達しが。口に入れた途端、卵かけご飯が爆発した衝撃!卵の黄身の醤油漬け味。キンカンって、玉ヒモの丸いところなんですね。玉ヒモ系、ふだん食べないので、さっきの小玉ヒモに続きビックリ2連発。

“手羽先”
1010023.jpg
ええ焼き色です。これも比内地鶏かな?身がひきしまってる感じです。

豆腐
1010024.jpg
イタリアンな味付けの汲み上げ豆腐でした。

“にんじんスープ”
1010025.jpg
塩コショウを感じない、自然なおいしさのスープ。

“ねぎま”
1010026.jpg
塩焼きでおいしかったです。

“フォアグラいちご”
1010027.jpg
焼いたフォアグラとイチゴをお皿代わりのチコリごと一口で。チコリの苦味とイチゴの甘味がいい感じ。

1010028.jpg
〆のラーメン。スープがおいしいですね~。

1010029.jpg
季節の果物ゼリー。いやー、お腹イッパイ。ひょっとしたらお腹イッパイにならないかもと、心配しましたが大丈夫です!満足、満足。

1010030.jpg
カウンター8席ほどとテーブル1卓のお店なので、予約は必須ですよ。焼鳥屋さんにしたらお高めだけど、フュージョン料理と思えばオトク過ぎ。二人連れで、のんびり気分な時にオススメです。
【お値段】5000円(このコースだけ)ぶどうジュース600円
【関連HP】http://r.tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27013209/

 ← 1日1ポチ、ありがとうございます☆

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.